文學界 2008年9月号

Pocket

bungakukai9.jpg
新人小説月評。
取り上げた作品は、前田司郎「夏の水の半魚人」(en-taxi)、古屋健三「老愛小説」(文学界)、墨谷渉「ハイオクゥー」(すばる)、鹿島田真希「女の庭」(文藝)、間宮緑「実験動物」(新潮)、萩世いをら「東京借景」(文藝)、横田創「残念な乳首」(群像)&「世界同時無銭飲食の旅」(すばる)、小池昌代「丘群れ」(すばる)、青山真治「港の人」(すばる)、福永信「一一一一」(文藝)、原田マハ「キアーラ Chiara」(すばる)、中原景「きえる」(en-taxi)、野村喜和夫「まぜまぜ(第一部)」(すばる)。合計14作品!





コメントする





Contact Us