林芙美子「樺太への旅」のはじまりは稚内

Pocket

「樺太への旅」は稚内の描写からはじまります。
 昭和九年、列車で北海道を北上し、稚内に到着した
 当時の列車の駅の様子を詳しく記していきます。

CIMG9687

 現在の稚内駅↑

 ここから少し歩いたところにある船着き場から、林芙美子は
 樺太へ旅立ちました。現在のサハリン行フェリーターミナルは
 こちら↓

 CIMG9698

ちょっとさみしい感じがしないでもない出発地点のような気が。。
私は船では行ったことありませんし、今年は行く機会がなかったので、稚内からサハリンを思います。 

 CIMG9709

見えますね!





コメントする





Contact Us