国際シンポジウム「『サハリン島』さらなる視点」(チェーホフ記念文学館・ロシアサハリン州文化省)

Pocket

ロシア・サハリン州ユジノサハリンスクにて、国際シンポジウム
「『サハリン島』さらなる視点」(チェーホフ記念文学館・サハリン州文化省主催)
が行われました。9月13日~20日まで、様々なイベントがある中で、
私は14日、15日の二日間に参加。
メインは15日の発表「チェーホフと林芙美子の作品」です。

IMG_1637

林芙美子とチェーホフとの関連、そして「三等旅行記」や「樺太への旅」を
紹介しましたが、びっくりするほどにみなさまが林芙美子にものすごく興味を抱いてくださり、
感動しました!

さて、発表後は懇親会。皆でバスに乗り込み、出発!
IMG_1565
IMG_1568
オホーツク海でしばし休憩。
IMG_1586
そして夕食です。サハリン地方の独特のシーフードもあります。
IMG_1595
この後に蟹パーティーとなりました。
IMG_1614

それにしても、今回のシンポジウムはいろいろな国から
ゲストたちが参加しており、文学について語り合うことができてとても楽しかった!
新たな世界を知ることができ、新たな友人を得ることができました。
それにしても、サハリン、そしてロシア地域の多文化共生の感じ、
とても興味深かったです。





コメントする





Contact Us