蛇寺とペナンヒルのケーブルカー

Pocket

林芙美子が1942年11月28日に、
ペナンで訪れた場所、
その1、蛇寺。
hebidera.jpg
昔のほうがたくさん蛇がいた。
現在もけっこういる。
その2、ペナンヒルのケーブルカー。
現在のケーブルカーはつい数カ月前に
リニューアルしたばかりの最新版。
昔は、乗り換えした上で、30分ほどかかっていた頂上まで、
たった5分~10分ほどで行けてしまう。
keburukita.jpg
ke-burunai.jpg
けっこうなスピードなので、ちょっとしたジェットコースターのよう。
観光客は大盛り上がり。
林芙美子は「南方従軍ノート」
にケーブルカーからの景色に感動している
さまを書き残しているが、
確かに上に昇ると景色は素晴らしい。
choujou.jpg
「雲海すばらしきなり」(林芙美子「南方従軍ノート」より)
ちなみに林芙美子はこの日、
頂上のホテルか別荘で行われた
夜宴に参加し、日本酒などを飲んで楽しんだようである。
どうやらその日はそこに宿泊し、次の日に山から降りて、
宿泊先のホテルに戻っている。





コメントする





Contact Us