インドネシア大学大学院日本地域研究科における合同セミナー「放浪の日本近代女流作家 林芙美子」のお知らせ

Pocket

昨日、ペナンからクアラルンプールに戻ってきた。
明日からは再びジャカルタ。
そろそろ長期に渡った林芙美子南方派遣時の
調査も終盤に近づきつつある。
まとめの時期が来たのです。
まずは、今回の調査を
インドネシア大学のセミナーで報告することになったので
本日はその作業に専念。
10月3日に行われるセミナーでは、
日本から大学院生の藤野くんもきて
「放浪記」の発表を行う。
日本とインドネシアの大学で
開催する、はじめての林芙美子のセミナーです。
詳細は以下の通り。
(インドネシア語と日本語の案内です)
参加希望者は連絡をください。
Seminar KWJ UI ? Nihon University
PETUALANGAN DAN SASTRA
Karya-karya Hayashi Fumiko
… Pemakalah
1. FUJINO Satoshi Graduate School of Art, Nihon University
Mengapa novel is H?r?ki karya Hayashi Fumiko Menjadi Best Seller?
2. Fitriana Puspita Dewi   Program Pascasarjana Kajian Wilayah Jepang UI
Sikap Perempuan terhadap Perang Asia Pasifik dalam novel Ukigumo Karya Hayashi Fumiko
3. YAMASHITA Kiyomi   Associate Professor, College of Art, Nihon University
Laporan Hasil Napak Tilas Jejak Hayashi Fumiko di Indonesia
Moderator : Susy Ong (KWJ UI)
Seminar bersama diselenggarakan pada:
Hari : Senin, 3 Oktober 2011
Waktu : pukul 14:00 sampai selesai
Tempat : Kajian Wilayah Jepang UI, Gedung Pusat Studi Jepang UI lantai 1
Makalah dipresentasikan dalam bahasa Jepang.
インドネシア大学大学院日本地域研究科―日本大学合同セミナー
放浪の日本近代女流作家 林芙美子
報告者 
1.藤野智士 日本大学大学院芸術学研究科
 「『放浪記』はなぜベストセラーとなったのか」
2.フィトリアナ・プスピタ・デウィ インドネシア大学大学院日本地域研究科
 「林芙美子の『浮雲』における太平洋戦争に対する女性の態度」
3.山下聖美   日本大学芸術学部准教授
 「インドネシアにおける林芙美子の足跡調査報告」
司会:スーシー・オング  インドネシア大学大学院日本地域研究科
2011年10月3日(月曜日)午後二時より、インドネシア大学大学院日本地域研究科にて開催いたします。





コメントする





Contact Us