Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY大学のこと

金のたまご文学賞・・準備

文芸研究実習Ⅲと、マスコミ研究会で主催している 「金のたまご文学賞」の季節がやってまいりました・・・・ 今年も夏前からすべてのゼミ雑誌を学生たちが読み漁り、 厳選なる選考会を経て、いよいよ、明日、発表です。 今年は芸祭で授賞式を行います。 …

かわなかのぶひろ先生

牛田あや美さんの文芸特別講座の授業に、映像作家のかわなかのぶひろ先生が ゲストでいらっしゃいました。 新宿、ゴールデン街の貴重な映像を流していただき、興味深く拝見しました。 ちなみに、牛田あや美さんはATG映画の専門家で、新宿という街につい…

いよいよ引越し

本日から一週間、いよいよ研究室の本格的な引越しが はじまります。学生アルバイトの方にも手伝ってもらい、 私もどうにか、どうにか、部屋の整理をしています。 新しい研究室は前よりは少し広く、もちろん綺麗なのですが とにかく私は整理が苦手なので、…

仮校舎にマンガを描こう

志賀公江先生のマンガ実習で、 仮校舎の壁にマンガを描く、というイベントが行われた。 マス研の学生たちが早速取材し、ブログにアップしています。 このイベントに感化されて、私の研究室もペインティングを行うことにしました。 ただいまペインティ…

マス研ブログができた

日芸マスコミ研究会のブログができました。 自称コンピューター音痴の副部長・藤野が 夜なべして(?)つくったものです。 http://nuartmasuken.jugem.jp/ 部員たちの生レポートがたくさん読めます。 ぜひぜひご一読を! …

助手・阿久澤さん、お疲れ様でした

文芸学科のためにとてもよく働いてくれていた 助手の阿久澤さんが大学を辞めることになった。 今日はお別れ会です。 阿久澤さんが大学を辞めるときまったとき 多くの学生がショックを受けていた・・・ それほどまでに学生に信頼されていた阿久澤さんでし…

ゼミで奥山貴宏さんの授業、そしてマイケル西子のライブ

毎年、どこかの授業で必ず奥山貴宏さんのことを テーマにすると決めている。 文芸学科の先輩にして、ガンで余命宣告を受けてなお、 「書く」ことに情熱を燃やし続け、 死ぬまで「書く」ことをまっとうしたた奥山さんの姿を 後輩たちに伝えていくことは、…

清水正先生還暦パーティーinディズニー

本日はいつもつるんでいる女子たちと 清水正先生の還暦パーティーと称して ディズニーリゾートへ! 偉い先生の還暦パーティーと言えば、 どっかのホテルで格式高く・・・という常識をくつがえし、 童心に戻り、ディズニーシーではしゃぎつくしました。 …

マスコミ研勉強会

新井信先生によるマスコミ講座。 …

金のたまご文学賞発表!

実習Ⅲとマスコミ研ですすめてきたプロジェクト 金のたまご文学賞の発表を本日行いました。 写真は評論部門の受賞者・高橋くん。 おめでとーございます。 …

石割桜

研修旅行二日目は盛岡。 いつものように旧盛岡高等農林学校を見学し、 盛岡の街をぷらぷら。 学生のリクエストで石割桜も見ました。 …

学祖にばったり!

仙崎にある金子みすず記念館。 海と山に囲まれたところ。 その後、萩をぷらぷらしていたら 私の勤務する大学の学祖・山田顕義先生の銅像にばったり。 萩がなんと山田先生の出身地でした。 …

名作のちから

二限、文芸特殊講義にて、往年の名作「風と共に去りぬ」を観る。 前期授業のテーマが、「キャラクターとしてのヒロイン」なので 強烈なヒロイン、スカーレット・オハラを分析。 わざわざ大教室に移動し、映画館のような状態で満喫した。 面白かったのは、…

ライトノベル討議と妙な女・平塚らいてう

ゼミ1の本日のテキストは甲田学人「断章のグリム」と 大友克洋「ショート・ピース」。 学生チョイスの作品です。 「断章のグリム」をチョイスした学生本人が 「実はライトノベルを本屋で買うとき、恥ずかしい」 と言ったのが面白くて、その後、皆に聞く…

尾崎翠に胸がきゅんきゅんした学生がいた

文芸特殊講義で尾崎翠とサリンジャーをとりあげて 「孤独」について語った。 サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」は学部時代の私の卒論テーマであった。 今あらためて読むと、当時よりも感動の度合いが高くなっている。 不思議だ。さらに村上春樹の訳で…

島田裕己先生の特別講座

今年も島田裕己先生の特別講座を開催。 今年のテーマは「宗教学者が読むかなりエッチな文学論」。 さまざまなテキストの「エッチ」表現を朝からガンガン読みこなして いきました。それにしても先生は講演がすごくうまい! …

「清水正 ドストエフスキー論全集 第2巻」刊行を祝う

清水正先生の「ドストエフスキー論全集 第2巻」が刊行された。 池袋にて小出版会が行われる。 40年以上、ドストエフスキーの研究に打ち込む清水先生については 「情熱大陸」いや、「世界遺産」のほうだ、という声もちらほら聞かれるほど。 この前など…

デザイン学科とのコラボ授業は「雪渡り」

今年も、デザイン学科、中島先生のクラスと、 文芸研究実習Ⅰのコラボ授業を展開することになった。 テーマは宮沢賢治「雪渡り」。デザイン学科は文字組で作品を表現するそうです。 ちなみに、去年の実習Ⅰで、本日やっと実習誌の打ち上げを敢行できた。 …

「煤煙事件」ゼミ

今年のゼミ2は森田草平と平塚らいてうの「煤煙事件」 毎週毎週ねちねちやる予定。 ごく、少人数で、去年の研究実習3を彷彿とさせます。 塩原には研修所もあるので、ゼミ旅行の計画をもうたてています。 …

木曜日は二つの講義

木曜日は二つの講義を持っている。 朝の講義は純粋に文学をやっていますが、 午後は、昨年度から念入りに念入りにコトをすすめてきた オムニバス授業。 大学改築中による教室不足のなか、最高の教室を意地で確保し、 TAとも打ち合わせを重ねた。 本日…

さらに記事を表示する