Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORYその他の研究

松山坊っちゃん会、ターナー島と道後温泉、そして雪!

島田裕巳先生が今度出版される『宗教学者が読む「坊っちゃん」』の最終取材のため、 松山へ。島田先生、牧野出版の佐久間社長、電通の渡辺さんというメンバーに 私も混ぜてもらいました。 まず、昼食は、坊っちゃんが四杯も食べた おきまりの「天ぷらソバ…

ケータイ小説「恋空」を読む

毎朝の通勤タイムにちゃんとケータイで「恋空」を読んでいます。 というか、見てます、と言ったほうがいい目の使い方のような気が・・・ まだ全然終わりませんが。 大学では学生を取材。ケータイ小説をどう思うのか? と。  大学生、とくにうちのような…

下田取材

開国の街、下田をてくてく歩く。 黒船にも乗りました。 ペリー艦隊がここに来た。 資料が豊富な開国博物館。 唐人お吉の資料館も興味深く拝観しました。 …

牛田あや美著『ATG映画+新宿 都市空間のなかの映画たち!』栞

牛田あや美著『ATG+新宿 都市空間のなかの映画たち!』(D文学研究会)の栞に「牛田さんの処女出版によせて」という題名で文章を書いています。 …

江古田文学 66号 ドストエフスキー特集

「ドストエフスキーをめぐる「超・過剰な人」たち」を書きました。 …

猫蔵著『日野日出志体験 朱色の記憶・家族の肖像』栞

猫蔵著『日野日出志体験 朱色の記憶・家族の肖像』(D文学研究会)の栞に「ギャップの人」という題名で書かせてもらいました。 …

熊本市内・漱石めぐり

九州滞在最終日は熊本。熊本城まで散歩し、その後、妹夫婦に車で市内をめぐってもらった。漱石が勤務していた五高(現・熊本大学)、旧居などを見学し、ついでに小泉八雲の旧居と水前寺公園も見た。熊本名物・いきなり団子を食べながら・・・・ …

天草四郎と隠れキリシタン

ひたすら車に乗り、天草をほぼ一周しながら、いくつかの施設を見学する。天草四郎メモリアルホール、キリシタン資料館の「天草ロザリオ館」、大江天主堂など、天草・島原の乱や、その後の隠れキリシタンの伝統を深く学びました。夕方、熊本市内に戻る。一日中…

天草へ

朝、鹿児島の駅近くにある「維新ふるさと館」を見学。鹿児島ゆかりの西郷隆盛、大久保利通を中心に薩摩が生んだ志士たちとその時代をばっちり学んできました。薩摩の「郷中教育」って面白い・・・! と思いながら、電車で熊本へ移動。熊本に滞在していた林さ…

大分から鹿児島へ、ひたすら移動

朝起きたら今いち身体の調子も良くなく、少々予定を変更して、本日はひたすら電車にて移動。 風邪薬を飲んで、眠りながら・・・ 夕方、鹿児島に着く。すぐにホテルにチェックインし、はやばやと眠る。 …

由布院と山下清原画展

大分に来たのだから、由布院へ行ってみる。 さすが有名な由布院だけあり、歩いているだけで落ち着く。面白かったのは、ぶらりと入った山下清原画展。お客さんもものすごくたくさん入っていた。 今夜泊まったところは女性専用のレディースホテルで、食事も…

臼杵の野上弥生子記念館訪問

本日より調査・研究出張を兼ねて、一週間九州に滞在する。 大分空港で荷物を待っているととなぜか寿司が回転してきた・・・ 本日は、臼杵市の野上弥生子記念館へ。 野上弥生子の99歳の人生は、文学者にしてはめずらしく波乱がない・・・・ような気が…

一〇〇年の坊っちゃん

単行本: 342ページ 出版社: D文学研究会 (2007/04) 私自身の「坊っちゃん」論、そして、検証・坊っちゃん文献を掲載しています。 …

芸術学部紀要 45号

「群ようこの世界(一) 〈無印〉作家の誕生」を書きました。 …

J WORLD 3号

「メジャーリーグへの夢」と 「ひなまつり」を書きました。 …

J WORLD 2号

「日本のバレンタイン」を書きました。 …

J WORLD 1号

「文化会議」と「ニチゲー力」についてのインタビューが掲載されてます。 韓国の雑誌です。 …

学内誌の歴史と検証・Ⅱ 日本大学芸術学部文芸学科

第一部の座談会 「ゼミ雑誌の過去・現在・未来を語る」に参加しています。 第二部には「群ようこ・日芸を語る」、第三部は文芸学科のゼミ雑誌カタログ(昭和版)が掲載。 …

芸術学部紀要 44号

「『坊っちゃん』と世間」を書きました。 …

ニチゲー力

7月終わりくらいから書店に並びます。こうご期待! …

さらに記事を表示する