Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

林芙美子はダラットを訪れた①

いったんホーチミンを離れ、問題の地、ダラット Dalat。
darajou.jpg
ダラット上空。
林芙美子の代表作『浮雲』にはダラットが描かれる。
しかし、芙美子が南方訪問時代にダラットを訪れたのか
否かは不明で、研究者の間でも意見が分かれている。
『浮雲』のなかで次のような場面がある。
「高原のダラットの街は、ゆき子の眼には空に写る
蜃気楼のようにも見えた。ランビァン山を背景にして、
湖を前にしたダラットの段丘の街は、ゆき子の不安や
空想を根こそぎくつがえしてくれた。以前は市の駐在部であった
という白亜の建物の庭にトラックがはいってゆくと、
庭の真中に日の丸の旗が高くあげてあった。
地方山林事務所と書いた新しい看板が石門に打ちつけてある。
(中略)
茂木技師や、瀬谷たちは、ダラット第一級のホテルである、
ランビァン・ホテルに牧田氏の自動車で引きあげて行った。」
当時のダラット第一級のホテルは正式には
「ランビァン・パレス」(Langbiang palace)である。
このホテルは、1995年に「ダラット・パレス」
となり、現在は「ソフィテル・ダラット・パレス」
となっている。
mukasi.jpg
1922年に創業された当時のランビァン・パレス。(パンフレットより)
ima.jpg
現在のソフィテル・ダラット・パレス。(パンフレットより)
夜、この実際にこのホテルを訪れてみた。
支配人の方がていねいに案内してくれた。
ホテルの正面玄関からランビァン山を眺められ、
湖も見えるという。
(しかし現在は、木々に多少さえぎられ、山はみえづらい。
かつ、天気の良い日にしか見えない。)
まさに、ゆき子が到着した「白亜の建物」のモデルが
旧「ランビァン・パレス」、現在の「ソフィテル・ダラット・パレス」であると思われる。
林芙美子は実際に旧ランビアン・パレスに来たのだろうと直感した。
そしてここを「地方山林事務所」の舞台とした。
一方で、男たちが帰っていくホテルとして
「ランビァン・ホテル」を登場させた。
現在の「ソフィテル・ダラット・パレス」の図書室には『浮雲』の文庫本があった。
ukigumohon.jpg
このホテルについては
明日、その歴史ある内部と正面玄関からの
眺めを紹介したいと思います。

関連記事