Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY研究活動記録(講演、その他)

いきがい大学 最後の授業

毎年この時期にやらせてもらっている、いきがい大学の宮沢賢治の授業が、本日で、本当に最終回でした。こちらのブログ https://34301961.at.webry.info/comment?article_id=38392772 に身に余る…

サハリン州立図書館主催シンポジウムThe World of Haruki Murakami

ロシアでも大人気・村上春樹のシンポジウムです。私は「海を越える日本文学 村上春樹と林芙美子」を発表。発表後、館長から、ものすごくたくさんのシンポジウムみやげを頂きました。帽子とか、リュックサックとか、チョコとか、カップとか。楽しかったです。…

高志の国文学館「宮沢賢治 童話への旅」展特別企画講演会

富山にあるゆったりした素晴らしい設備の文学館でした。 宮沢賢治の展示も充実。日曜日の今日は多くの人で賑わっていました。 講演タイトルは「宮沢賢治の世界~不思議な感性の魅力~」。…

ランブンマンクラ大学にて日本文化のワークショップ

林芙美子ゆかりの地・バンジャルマシンのランブンマンクラ大学と交流です。今回は日本文化の紹介として紙芝居のワークショップをしました。日本文化について講演をした後に、紙芝居の作成と実践です。 もちろん、いつものよう…

Jシニアーズアカデミーにて講演

場所はNHK文化センター青山 です。テーマは「宮沢賢治の世界 ほんとうの幸いを探して 」。最近、シニア向けの講演会をやらせていただくことが多いです。人生100年時代にこそ文学を!…

静岡いのちの電話開局20周年記念市民公開講演会

新幹線の静岡駅からすぐの場所で講演です。 テーマは「宮沢賢治文学から見る生きる事の豊饒さ」。 主宰のみなさまの暖かさが素晴らしく、 大変お世話になりました。…

「ドストエフスキー曼陀羅」展

芸術資料館にて「ドストエフスキー曼陀羅」展を開催。 清水正先生のドストエフスキー論執筆の軌跡、 19世紀サンクトペテルクの再現、 日本におけるドストエフスキー受容の軌跡、などなど、 ドストエフスキー文学記念博物館の協…

第43回国際ドストエフスキー研究集会

サンクトペテルブルクのドストエフスキー文学記念博物館で 開催される「第43回国際ドストエフスキー研究集会」において、 発表と展示をさせていただきました。 発表タイトルは「想像を超える現象としてのドストエフスキー ~清…

サンクトぺテルブルク国立文化大学公開講座

「日本文学に影響を与えたロシアの作家 ~日本の女性作家・林芙美子とロシア~」 についてお話させて頂きました。 こんな素敵な教室で。。 …

ランブンマンクラ大学(インドネシア・バンジャルマシン)において講演

林芙美子ゆかりの土地、インドネシアのバンジャルマシン、 ランブンマンクラ大学にて講演を行いました。テーマは、 「林芙美子の文学と日本の食」です。 今回は大学の同僚と院生と三人で参加。 いつもながらここでは南の…

タイ国日本研究国際シンポジウム2018(主催:チュラロンコン大学)

発表テーマは「林芙美子の文学における多文化共生の思想」。 院生たちもそれぞれ発表。みながんばりました。…

日本女子大学教育文化振興桜楓会・生涯学習センター連携講座

テーマは「再読・宮沢賢治 大人が読む童話の世界」です。立派な看板、ありがとうございました。 …

三鷹市市民大学講座

テーマは「探求の人・宮沢賢治」です。…

第32回日本小児救急学会学術集会にて講演

テーマは「宮沢賢治文学における〈子どもの死〉」です。…

たちかわ市民交流大学・市民企画講座

テーマは「読解から評論へ、「永遠の未完成・宮沢賢治」」です。全3回。…

世田谷文学館友の会公開講座

テーマは「林芙美子文学の魅力~大陸魂を持つ女~」です。 世田谷文学館では「林芙美子 貧乏コンチコショウ」展を開催中です。 「…

アンダラス大学(インドネシア パダン)にて講演

パダンを描いた林芙美子の文学について、話しました。 …

彩の国いきがい大学伊奈学園 もう一度文学散歩科にて講義

彩の国いきがい大学伊奈学園 もう一度文学散歩科に鵜して1月いっぱい、宮沢賢治の講義を担当しています。最終授業には学生も参加し、意見交換を行いました。…

International Seminar on Indonesian Literature”Literature and The Beautiful River City”

林芙美子「ボルネオ ダイヤ」の舞台・インドネシアのバンジャルマシンにて川をめぐる文学をテーマにして、観光局主催のシンポジウムです。私の発表テーマは、Martapura River described by Japanese writer F…

さらに記事を表示する