Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY林芙美子の南方従軍現地調査2011

日本に戻りました

本日から大学業務再開。 研究室にて、清水先生、日野先生、 そしてバンジャルくん。 バンジャルマシン・ポストにて もらったぬいぐるみです。 バンジャルくんは学生に大人気。 ぬいぐるみ好きでない私もなぜか バンジャルくんだけはものすごくかわ…

林芙美子セミナーに関するじゃかるた新聞の記事

昨日の「じゃかるた新聞」に10月3日の林芙美子セミナーの 記事を掲載していただいた。 じゃかるた新聞には、最初から最後まで本当にお世話になった。 深謝。 …

マレーシア、マラッカへ

マレーシア滞在中に行けなかったマラッカへ シンガポールから入ってみる。 林芙美子もまたシンガポールから 車でジョホール・バルを通過し、バトゥパハ、 マラッカへと行っている。 私もそのコースを体験してみた。 車で三時間ほど、とばしにとばし、 …

再び、シンガポール

昨日の夜中に、インドネシアから シンガポールへ入る。 研究調査旅行の出発地点、 シンガポールに戻ってきた。 7月にここから調査をスタートさせて、 はや、2、5か月。 なつかしい。 しばらく滞在してから東京に戻ります。 …

ジョグジャカルタにおける林芙美子の滞在先は現在のイナ・ガルーダ・ホテル

林芙美子は、スマトラに行く直前の 1943年2月28日から3月1日まで、 ジョグジャカルタに滞在したようだ。 残念ながら詳細な記録が残っていなく、 唯一、陸軍が発行した芙美子の 「旅行券」に日程と 「ジョグジャカルタ兵站指定旅館旭ホテル」 …

ボロブドゥールとプランバナン

早朝、ジャカルタを出発し、 インドネシアの古都ジョグジャカルタへ。 寺院めぐり。 ボロブドゥール遺跡を見たり・・・ プランバナンの寺院を見たり・・・ …

ジャカルタ最終日

いよいよジャカルタ最終日。 ジャカルタにはこんなに滞在する予定はなかったが、 インドネシアの魅力に魅せられて、マレーシアを削って 急きょジャカルタ滞在を増やした。 ジャカルタと言えば、 「じゃかるた新聞」副編集長の蓜島さん。 リンダさんの提…

セミナー「放浪の日本近代女流作家 林芙美子」(インドネシア大学)

インドネシア大学大学院日本地域研究科における合同セミナー 「放浪の日本近代女流作家 林芙美子」に参加。 この日のために、日本から院生の藤野くんが 来て「放浪記」について発表。 インドネシア大学からは、院生のフィトリアナさんが 「浮雲」につい…

ジャカルタのタマン・ミニでインドネシア三昧

ジャカルタのタマン・ミニは、 多様なインドネシア各地の文化をとても広い敷地内にて いっきに紹介しているテーマパーク。 インドネシア滞在中にどうしても行けなかったところを 疑似体験しました。 ジャンビーの伝統家屋。 中華系が多い。 林芙美子…

クアラルンプールからジャカルタへ

クアラルンプールからジャカルタへ移動。 リンダさん、そして 東京からやってきた大学院生・藤野くん と空港で合流。 久しぶりに話しているときに 急に、巻き舌ができるようになった! 地道に地道にインドネシア語を勉強していたのですが インドネシア…

インドネシア大学大学院日本地域研究科における合同セミナー「放浪の日本近代女流作家 林芙美子」のお知らせ

昨日、ペナンからクアラルンプールに戻ってきた。 明日からは再びジャカルタ。 そろそろ長期に渡った林芙美子南方派遣時の 調査も終盤に近づきつつある。 まとめの時期が来たのです。 まずは、今回の調査を インドネシア大学のセミナーで報告することに…

ペナンで林芙美子が滞在したのはイースタン&オリエンタルホテル

では、林芙美子がペナンで滞在したホテルはどこなのか? 「南方従軍ノート」には、 滞在したホテルについて次のような記述がある。 「ペナンホテルに泊る ホテルのうしろ海なり。 (略)サロンの天井は園いドームなり。部屋より 海の音きこゆ」 もちろ…

蛇寺とペナンヒルのケーブルカー

林芙美子が1942年11月28日に、 ペナンで訪れた場所、 その1、蛇寺。 昔のほうがたくさん蛇がいた。 現在もけっこういる。 その2、ペナンヒルのケーブルカー。 現在のケーブルカーはつい数カ月前に リニューアルしたばかりの最新版。 昔は…

世界遺産、ペナンのジョージタウン

クアラルンプールから、一泊の予定でペナンへ。 林芙美子は1942年11月27日にペナンに 到着、29日まで滞在している。 ペナンはイギリスがマレーシアに最初に入植した 町で、現在でもイギリス統治時代の建物が 多く残されている。 一方で、中国…

セレンバン調査

「南方従軍ノート」によると、 林芙美子は1942年11月24日の午後2時に セレンバンに到着し、 「フジヤ」にて食事をしたり、 日本人と会ったり、日蓮宗の寺「光徳院」 を訪れ、軍人の墓を見たりしている。 現在のセレンバンの町並み。 まずは…

マレー鉄道でセレンバンへ

マレー鉄道でセレンバンへ。 ダイヤは乱れがち。 待てども電車はやってこない。 やっと来た電車は満員。 東京の通勤となんらかわりはない。 女性専用車両もある。 しかし車窓からの風景は、 南国。 一時間半ほど乗り、 セレンバンに到着。 …

林芙美子とマレーシア

林芙美子は1942年11月23日、 シンガポールからマレーシアに入っている。 ジョホールを経由し、バトパハ、マラッカ、セレンバン、 クアラルンプール、イポー、ペナン、アロースターなどを訪れた。 滞在期間はたったの一週間であるのに、 ほぼマレ…

マレーシア、クアラルンプールへ

ブキティンギを朝四時に出発し、車を走らせ、 パダンの空港へ。 パダンから、エア・アジアにて マレーシアのクアラルンプールまで一っ飛び。 インドネシアとはいったんお別れ。 また戻ってきますが。 クアラルンプールの都会っぷりに しばし呆然。 …

ミナンカバウの伝統舞踊

ブキティンギでどうしてもみたかったのは ミナンカバウの伝統舞踊。 劇場があるので行くと、 「10人集まらないとやならい」 とのこと。 私、ドニさん、ダスさんの三人しかいない。 待てどもお客さんはやって来ない。 ホテルにオランダ人観光客がけっ…

ラフレシアの花

ラフレシアはもうどうでもよくなり、 ほぼ半泣きで、ジャングル脱出。 地元ガイドさんは結局ラフレシアを見つけ、 「もう一度行こう、さらに上の方」とのことだが もう、絶対無理。 ダスさんにデジカメを託し、 写真をとってきてもらった。 途中、…

さらに記事を表示する