Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY林芙美子の研究

サンクトぺテルブルク国立文化大学公開講座

「日本文学に影響を与えたロシアの作家 ~日本の女性作家・林芙美子とロシア~」 についてお話させて頂きました。 こんな素敵な教室で。。 …

ランブンマンクラ大学(インドネシア・バンジャルマシン)において講演

林芙美子ゆかりの土地、インドネシアのバンジャルマシン、 ランブンマンクラ大学にて講演を行いました。テーマは、 「林芙美子の文学と日本の食」です。 今回は大学の同僚と院生と三人で参加。 いつもながらここでは南の…

タイ国日本研究国際シンポジウム2018(主催:チュラロンコン大学)

発表テーマは「林芙美子の文学における多文化共生の思想」。 院生たちもそれぞれ発表。みながんばりました。…

世田谷文学館友の会公開講座

テーマは「林芙美子文学の魅力~大陸魂を持つ女~」です。 世田谷文学館では「林芙美子 貧乏コンチコショウ」展を開催中です。 「…

アンダラス大学(インドネシア パダン)にて講演

パダンを描いた林芙美子の文学について、話しました。 …

International Seminar on Indonesian Literature”Literature and The Beautiful River City”

林芙美子「ボルネオ ダイヤ」の舞台・インドネシアのバンジャルマシンにて 川をめぐる文学をテーマにして、観光局主催のシンポジウムです。 私はの発表テーマは、Martapura River described by Japanese…

サハリン作家協会50周年シンポジウム

サハリン作家協会50周年シンポジウム「サハリンとクリル列島の文学 新視点と未来」にて「林芙美子「雷鳥」に描かれたサハリン」を発表しました。 …

日本大学芸術学部紀要66号

「林芙美子文学におけるロシアへのまなざし」を書きました。…

サハリンにて

サハリンにて調査。海の幸が満載です。…

ランブンマンクラ大学(インドネシア)にて講演

セミナーGenerale on Language,Literature,and Artsにて 「バンジャルマシンと林芙美子の文学」を話しました。 戦時中、日本軍政下のバンジャルマシンを描いた 林芙美子「ボルネオ ダイヤ」の話を…

インドネシア国立図書館にて調査

戦時中の日本語新聞の調査をしています。…

世田谷文学会友の会講演

テーマは「100年前の彼女たちに会いに行こう~芙美子、翠、晶子、らいてう、野枝、弥生子、みすず~その2」昨年やったものの続編です。…

日本大学芸術学部紀要64号

「林芙美子「古い風新しい風」を読む」を書きました。…

The 1th Asia-Pacific Reserch in Social Sciences and Humanities

Asia-Pacific Reserch in Social Sciences and Humanities,インドネシア大学主催のシンポジウム。発表テーマは、Thought of "Ilong"in Fumiko Hayashi'…

サハリン州立郷土博物館120周年国際シンポジウムにて発表

「林芙美子が体験した多文化交流」と」題して、「樺太への旅」などに描かれる 様々な民族との交流、描かれている多文化の状況などについて発表させて いただきました。 …

サハリン州立郷土博物館120周年記念国際シンポジウム開幕

本日からサハリン州立郷土博物館120周年記念国際シンポジウムが 開幕します。様々なオープニングレセプションがありました。 先住民族文化の紹介、そして夜はオープニングパーティー。…

樺太・花屋旅館のその後

花屋旅館と言えば、樺太時代にユジノサハリンスクを訪れた多くの 著名人が宿泊した場所です。もちろん、宮沢賢治も林芙美子も 滞在しています。そんな記念すべき場所について、 エレナ先生の多大なご協力を得て調査をしています。 今回、はじめて…

札幌⇒稚内⇒コルサコフ

2週間ばかり、サハリンに調査やシンポジウムで滞在します。 今回ははじめてフェリーで渡航するため、稚内へ。 札幌からひたすら電車に乗りました。もちろん、林芙美子や宮沢賢治の時代を思いながら、 です。稚内で一泊し、大雨の中、フ…

さらに記事を表示する