Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY研究活動記録(雑誌)

芸術学部紀要 48号

「群ようこの世界(三) 林芙美子、尾崎翠、平林たい子への視線からアンチ・ヒロインの形成へ」 を書きました。 …

波 2008年10月号

「『賢治伝説』ふたたび」を収録。 「新書で入門 宮沢賢治のちから」の裏話です。 編集担当者のGさんをネタにしています。 …

文學界 2008年10月号

新人小説月評。 取り上げた作品は、松本智子「ちんちんかもかも」(群像)、伏見憲明「団地の女学生」(すばる)、木村紅美「ハワイアンブルース」(すばる)、小林里々子「ちへど吐くあなあな」(群像)、青木淳悟「このあいだ東京でね」(新潮)、桜井鈴…

文學界 2008年9月号

新人小説月評。 取り上げた作品は、前田司郎「夏の水の半魚人」(en-taxi)、古屋健三「老愛小説」(文学界)、墨谷渉「ハイオクゥー」(すばる)、鹿島田真希「女の庭」(文藝)、間宮緑「実験動物」(新潮)、萩世いをら「東京借景」(文藝)、横…

文學界 2008年8月号

8月号から「文学界」にて「新人小説月評」連載スタート。 今月取り上げた作品は、すべて2008年7月号の文芸各誌より8作品。 村田沙耶香「ギンイロノウタ」(新潮)、舞城王太郎「イキルキス」(群像)、大島孝雄「ガジュマルの家」(小説トリッパー…

國文学 解釈と鑑賞 2008年4月号 特集 ケータイ世界

「ケータイ小説 クリエイターの卵たちはどう読むか」を書きました。 本屋にて発売中。 …

芸術学部紀要 47号

「群ようこの世界(二) 森茉莉、樋口一葉への視線」を書きました。 …

キリツボ 13号

「宮沢トシをめぐる三人の女性たち 宮本百合子、平塚らいてう、松井須磨子」 を書きました。 …

藝文攷 13号

「「狼森と笊森、盗森」を読む 自然と人間、そして〈匂い〉」 を書きました。 …

江古田文学 66号 ドストエフスキー特集

「ドストエフスキーをめぐる「超・過剰な人」たち」を書きました。 …

るるぶ 練馬区

「ニチゲー力」の紹介を載せていただきました。 …

キリツボ 12号

キリツボももう12号。2号から結局ずっと編集にかかわってきています。 今回から表紙はイラストレーターの木村倫子さん。 …

芸術学部紀要 45号

「群ようこの世界(一) 〈無印〉作家の誕生」を書きました。 …

J WORLD 3号

「メジャーリーグへの夢」と 「ひなまつり」を書きました。 …

藝文攷 12号

「宮沢賢治「林の底」について 風の吹かない物語」を書きました。 …

J WORLD 2号

「日本のバレンタイン」を書きました。 …

J WORLD 1号

「文化会議」と「ニチゲー力」についてのインタビューが掲載されてます。 韓国の雑誌です。 …

学内誌の歴史と検証・Ⅱ 日本大学芸術学部文芸学科

第一部の座談会 「ゼミ雑誌の過去・現在・未来を語る」に参加しています。 第二部には「群ようこ・日芸を語る」、第三部は文芸学科のゼミ雑誌カタログ(昭和版)が掲載。 …

芸術学部紀要 44号

「『坊っちゃん』と世間」を書きました。 …

江古田文学 62号 特集・チェーホフ

「『桜の園』 桜がつなぐ、過去と未来」を書きました。 「チェーホフ文献目録」の作成も担当してます。 …

さらに記事を表示する