Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

LATEST ENTRIES

マルタプウラにてイロン(浮草)撮影

スマトラのプカンバルからカリマンタンのバンジャルマシンまで 移動です。5年ぶり、二度目のバンジャルマシン。なつかしいです。 今回はひたすらマルタプウラの川に浮かぶイロン(浮き草)の写真撮影をしました。 一日中、ひたすら船の…

日本文化を紹介する授業をしました

国立イスラム教スルタンカシムリアウ大学にて Japanese culture and students と題して授業をさせていただきました。 いつも思うのですが目がきらきらしていかわいい学生さんたちです。 パワーを…

イスラム女性団体の調査

GWはインドネシア各地で林芙美子の南方従軍調査です。 本日からはスマトラのプカンバル。いつもお世話になっている 国立イスラム教スルタンカシムリアウ大学にてイスラム女性団体についての 聞き取りを行いました。…

温泉批評(2016春夏号 双葉社)

「近代文学史上、もっとも温泉を愛した作家~林芙美子の湯けむり放浪」 を書かせていただいています。 上林温泉塵表閣や、伊香保温泉金太夫を取り上げています。…

共感覚から見えるもの アートと科学を彩る五感の世界(勉誠出版)

共著者として参加させて頂いています。 「日本文学における共感覚 宮沢賢治と尾崎翠を中心に」 を書きました。…

生誕120年記念大人のための宮沢賢治再入門(NHK文化センター京都)

おかげ様で、NHKカルチャーラジオも無事終了しそうです。 twitterやアマゾンコメントなど、様々なうれしいご意見を頂き、 本当に感動しています。関係者のみなさまと聞いてくださった方々に 心より御礼申し上げます。 今回…

メディア活用能力とコミュニケーション(大学図書出版)

共著者として参加させて頂きました。 「文学作品の他メディア化 林芙美子『放浪記』、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の場合」 を書いています。 本日、出版パーティーがありました。 大学院時代の仲間たちや共著者の方々と久しぶりに再会…

日本大学芸術学部紀要63号

「大泉淵氏の証言による林芙美子の臨終場面についての研究」…

ゼミ卒業旅行in台湾

卒論試験も終了し、ゼミ4の学生たちの卒業旅行に引率(?)しました。 台湾です! 台湾大学からの交換留学生であり、ゼミの貴重なご意見番であった らくちゃんと再会しつつ、 淡江大学のウェンジュ先生とその学生たちと交流したり、 (ちょう…

国際シンポジウム近現代アジア地域からみる文学と文化 報告・論文集

報告論文集の完成で、一連のシンポジウム作業もすべて無事終了です。 国内国外、学内学外、協力いただいたすべてのみなさまに感謝です。 企画、モデレーターと、すべてはじめての体験でした。 これをステップにさらに修練していきたいで…

尾崎翠を読む(今井出版)

長年、地元・鳥取にて尾崎翠を全国に発信してきた尾崎翠フォーラム実行委員より、 三冊セットの尾崎翠研究書『尾崎翠を読む』が刊行されました。 まさに、尾崎翠研究の集大成であると思います。 私の講演録「尾崎翠と宮沢賢治」も掲載させて…

藝文攷21号

「林芙美子とマレーの四行詩パントゥン」…

大人のための宮沢賢治再入門 ほんとうの幸いを探して

NHKカルチャーラジオ 文学の世界テキストシリーズより、 『大人のための宮沢賢治再入門〜ほんとうの幸いを探して』(NHK出版) を刊行しました。 「NHKカルチャーラジオ 文学の世界 大人のための宮沢賢治再入門」は N…

尾崎翠フォーラム in鳥取 報告集 2015

! 「講演録 尾崎翠と宮沢賢治 二人の不思議な感覚世界」が掲載 されています。 カラーも豊富な素晴らしい雑誌です。 7月の鳥取がなつかしい…

台湾日本語教育研究国際シンポジウム

台北にて開催された、台湾日本語教育研究国際シンポジウムにて、 「林芙美子『放浪記』を用いたクリエイティブな日本語教育」を発表しました。 ゼミに参加していた台湾からの交換留学生らくちゃんとの 一年にわたる日本語教育の実践につ…

京都造形芸術大学マンガ学科にて特別講座

「宮沢賢治作品のマンガ化 」というテーマで、 京都造形芸術大学のマンガ学科にて特別講座を行いました。 招いてくれたのは旧知の友人である牛田先生です。 最近観光された『マンガで読む宮沢賢治の童話事典』 をテキストに使い…

マンガで読み解く 宮沢賢治の童話事典

『マンガで読み解く 宮沢賢治の童話事典』(東京堂出版) を刊行しました。 昨年のゼミ生中村美公さんとのうれしい共著です。 彼女のマンガ家デビュー作品でもあります。 …

舞台「放浪記」     プログラム

森光子さんの後を継いで仲間由紀恵さんが主演をつとめる 舞台「放浪記」が10月14日からはじまりました。 私はプログラムに「小説『放浪記』と林芙美子」を書かせてもらっています。 これは私にとってとても感慨深い仕事となりました…

公開講座のお知らせ「カルチャーラジオ文学 ほんとうの幸いを求めて~賢治再入門」(NHK文化センター青山)

NHK文化センター青山教室にて、 10月から「カルチャーラジオ文学 ほんとうの幸いを求めて~賢治再入門」を行います。 1月からのラジオの公開収録をしながらの講座です。 10/3 ①不思議な作家・賢治  ~生涯と作品  …

芸術学部紀要62号

「林芙美子が見た日本占領下インドネシアの日本語教育~スマトラ・パレンバンの瑞穂学園についての調査報告~」を書きました。 …

さらに記事を表示する

山下聖美の著作