Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY宮沢賢治の研究

札幌⇒稚内⇒コルサコフ

2週間ばかり、サハリンに調査やシンポジウムで滞在します。 今回ははじめてフェリーで渡航するため、稚内へ。 札幌からひたすら電車に乗りました。もちろん、林芙美子や宮沢賢治の時代を思いながら、 です。稚内で一泊し、大雨の中、フ…

セミナー「科学と宗教の統合」

セミナー「科学と宗教の統合」に急きょ参加させていただきました。 私は「科学と宗教を包括した文学」ということで 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」についてお話をさせていただきました。 国立イスラム教スルタンシャリフカシムリアウ大学大学院のみなさ…

共感覚から見えるもの アートと科学を彩る五感の世界(勉誠出版)

共著者として参加させて頂いています。 「日本文学における共感覚 宮沢賢治と尾崎翠を中心に」 を書きました。…

生誕120年記念大人のための宮沢賢治再入門(NHK文化センター京都)

おかげ様で、NHKカルチャーラジオも無事終了しそうです。 twitterやアマゾンコメントなど、様々なうれしいご意見を頂き、 本当に感動しています。関係者のみなさまと聞いてくださった方々に 心より御礼申し上げます。 今回…

メディア活用能力とコミュニケーション(大学図書出版)

共著者として参加させて頂きました。 「文学作品の他メディア化 林芙美子『放浪記』、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の場合」 を書いています。 本日、出版パーティーがありました。 大学院時代の仲間たちや共著者の方々と久しぶりに再会…

大人のための宮沢賢治再入門 ほんとうの幸いを探して

NHKカルチャーラジオ 文学の世界テキストシリーズより、 『大人のための宮沢賢治再入門〜ほんとうの幸いを探して』(NHK出版) を刊行しました。 「NHKカルチャーラジオ 文学の世界 大人のための宮沢賢治再入門」は N…

京都造形芸術大学マンガ学科にて特別講座

「宮沢賢治作品のマンガ化 」というテーマで、 京都造形芸術大学のマンガ学科にて特別講座を行いました。 招いてくれたのは旧知の友人である牛田先生です。 最近観光された『マンガで読む宮沢賢治の童話事典』 をテキストに使い…

マンガで読み解く 宮沢賢治の童話事典

『マンガで読み解く 宮沢賢治の童話事典』(東京堂出版) を刊行しました。 昨年のゼミ生中村美公さんとのうれしい共著です。 彼女のマンガ家デビュー作品でもあります。 …

公開講座のお知らせ「カルチャーラジオ文学 ほんとうの幸いを求めて~賢治再入門」(NHK文化センター青山)

NHK文化センター青山教室にて、 10月から「カルチャーラジオ文学 ほんとうの幸いを求めて~賢治再入門」を行います。 1月からのラジオの公開収録をしながらの講座です。 10/3 ①不思議な作家・賢治  ~生涯と作品  …

「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)にて

TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の サンデーマナブくんコーナーにて宮沢賢治が取り上げられました。 私も解説として出演させていただきました。 (番組ブログより) すごーく面白かったです!…

鶴ヶ島市立中央図書館での文学講座

2月、大学の授業はありませんが、 鶴ヶ島私立中央図書館にて、毎週水曜日、 文学講座を担当させて頂いていました。 テーマは宮沢賢治。 0歳(!)から80歳代までと 受講生の年代はバラエティーに富んでおり、 意見も様々。…

文芸研究実習の実習誌

文芸研究実習Ⅰ、Ⅲの実習誌が完成しました。 Ⅰは「宮沢賢治研究 ケンジ童話の授業」13号。 特集は「フランドン農学校の豚」です。 Ⅱは「Literary Art」7号。 目玉は都内私立大学図書館をめぐる 「図書館探検隊が行…

「巨匠たちの輝き アンデルセンと宮沢賢治」(BS-TBS)

毎週水曜日22時から放映されている 「巨匠たちの輝き」(BS-TBS)、今回の特集は アンデルセンと宮沢賢治でした。 解説コメントをしているところです。…

ゼミ雑誌が完成

今年も無事に、1、2、3年のゼミ雑誌、出来上がりました! そしてこれ↓ 学生作「銀河鉄道の夜」をモチーフとしたケーキ。 かなりおいしかったです。…

宮沢賢治とサハリン

本日は朝九時出発、ユジノサハリンスクから ポロナイスクまで350キロ、車で北上します。 林芙美子は途中まで列車と車で敷香(ポロナイスク) まで行き、そこに数日滞在しましたが、 私たちは日帰り。 けっこうな強行スケジュールです。…

「図書館教育ニュース」1311号

昔、学校の図書館にこんなポスター、ありましたね。 自分がこういうものを監修するようになるなんて、うれしいです。 こういうものも書きました。↑ タイトルは、「「雨ニモマケズ」の思い」 …

最近の成果物

本日で本年度の業務が終了します。 年度内ぎりぎりで、続々とできあがった雑誌など、 最近の成果物を並べてみました。 株式会社アイ・イーシー発行、ビジネスマン向け通信教育用の テキスト本『人間・宮沢賢治とその文学を学ぶ』豪華三冊セットで…

金のたまご文学賞→サハリン

今年も金のたまご文学賞の季節がやってきました。 実習授業において先週から選考会を行っており、 終わらず・・・本日も続きを行いました。 金のたまご文学賞の授賞式は芸祭の3日、中庭ステージにて行います。 今年は大きなサプライズがあるとのこと・…

収穫の秋

夏の初めに書いていた原稿が、 続々と、かたちになりました。 収穫の秋、ですね。 ・『清水正・ドストエフスキー論全集6『悪霊』の世界』 (2012年9月 D文学研究会)の栞にて 「重厚で濃密な批評世界―人間とはいったい 何なの…

「宮沢賢治研究」完成

文芸研究実習Ⅰの実習誌 『宮沢賢治研究 ケンジ童話の授業』11号が 完成しました! 今年の特集は「銀河鉄道の夜」です。 本日は出版を祝う会& 来年度、三年になる学生の江古田引っ越し祝い を開催。 スイーツ男子くまちゃん手作りのマカロンが…

さらに記事を表示する