Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY研究活動記録(雑誌)

キリツボ 7号

「欲望 宮沢賢治『みぢかい木ぺん』を読みながら」 が載ってます。 …

藝文攷 7号

「宮沢賢治「永訣の朝」論 への希求」が載ってます。 …

ようこそ『マンガ論』へ 2001年

「日本の母性ーートトロ、ドラえもん、『やまなし』のクラムボン、『坊っちやん』の清」 が載ってます。 …

国文学 解釈と鑑賞 66巻8号 2001年8月 

清水正箸『ミステリーゾーン 謎がいっぱい ケンジ童話劇場』の書評を書きました。 はじめて原稿料をもらってうれしかったです。 …

国文学 解釈と鑑賞

清水正著『ミステリーゾーン 謎がいっぱい ケンジ童話劇場』の書評を書きました。 …

キリツボ 6号

「ハナマキ・ケンジ・プロジェクト 花巻に宮沢賢治を訪ねて」 が載ってます。 …

藝文攷 6号

「第二次世界大戦中、及び敗戦直後における宮沢賢治受容」 が載ってます。 …

江古田文学 45号

日芸に勤めてはじめて編集した江古田文学です。特集は宮沢賢治。私は「『春と修羅』より・〈心象スケッチ〉と作品「春と修羅」の考察」を書いてます。 連載・「宮沢賢治文献」もスタートしました。 …

江古田文学 44号

「『風の又三郎』論」連載第三回を掲載してます。 …

江古田文学 43号

「『風の又三郎」論』連載第二回が掲載されてます。 …

藝文攷 5号

「宮沢賢治『ポラーノの広場』考・序章 の語源考察」 が載ってます。 …

キリツボ 5号

「体験記」が載っています。 …

浦沢直樹の「モンスター」を読む 1999年12月

大学院生のとき、清水先生にさそって頂き 「怪しいテンマ」という題で書きました。 …

江古田文学42号

この号から『風の又三郎』論連載をスタートしました。 …

江古田文学 41号

「『銀河鉄道の夜』と『イワン・イリッチの死』」が掲載してあります。 江古田文学掲載第一号です。 …

キリツボ 4号

「宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』を読む 「ホーシュ君」の謎」 が載ってます。 …

perfume 写真とことば 1999年

関口収さん編集の雑誌に参加しました。 「くさい思い出」を書きました。 …

キリツボ 3号

2号にひき続き、編集担当でした。 装丁は美術専攻のあおちさんです。 …

D文学通信 290号 1997年

D文学通信で私は育ちました・・・ 290号は、はじめて掲載された記念すべき号です。   …

キリツボ 2号

大学院にはいって文芸学専攻創作集『キリツボ』の編集担当になりました。 生まれてはじめて編集した雑誌です。 装丁は当時、写真専攻のせきぐちさんです。 …