Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

いったんジャカルタを離れ、ボルネオ島へのバンジャルマシンへ。
林芙美子は、昭和17年の12月から1月にかけて、20日間以上、
バンジャルマシンに滞在している。
バンジャルマシンを題材とした詩作品をいくつか残しており、
明日からのその地をめぐる予定。
toujou.jpg
ジャカルタ、スカルノ・ハッタ空港から出発。
隣はバリ島行の便。たくさんの観光客でにぎわっていた。
従軍中、芙美子もバリに行っている。
飛行機でジャワ海をわたり、一時間もすると、ボルネオ島!
joukuuyori1.jpg
雄大なバリト川。
芙美子も飛行機でバンジャルマシンに到着している。
「満目すべて緑、固い緑のひろがりの中に飛行場を見出して
アメリカのテキサスとはこの様な処ならんとふと頭をかすめる。
緑が荒涼として眼にうつる」
と日記に記している。
街が見えてきた。
joukuuyori2.jpg
飛行機着陸。
garuda.jpg
イスラムの方たちは機内食を食べない代わりに
ラマダングッズ?をもらっていた。
到着。
banjaru.jpg

関連記事