Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

マランへ、そしてブラヴィジャヤ大学

午後からマランへ。
林芙美子は1943年1月19日、
スラバヤからマランへ出向いている。
「マランは美しい街なり」
と書き、買い物したこと、
帰りの車がパンクしたことなどを
綴っている。
確かにマランは美しい街。
maran.jpg
オランダ時代の建物が残る。
マランは大学の街でもある。
多くの大学があるなかで、
ドライバーのルディさんの親せきが
務めるブラヴィジャヤ大学を訪問した。
ブラヴィジャヤ大学は、インドネシアを代表する国立大学。
buradaimon.jpg
とても大きい!
日本語学科研究室。
buradai.jpg
大学は九月からはじまる。
今日は新学期を控えての新入生オリエンテーションが開かれている。
buradaigakusei.jpg
こんなふうに、先輩たちが新入生を指導している。
断食中ということもあり、倒れてしまった学生が出てしまったとのこと。

関連記事