Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

バンジャルマシン・ポストへ

林芙美子はバンジャルマシンにて、
当時の日本人による現地新聞「ボルネオ新聞」
(朝日新聞が母胎)発行の手伝いをしたり、
作品を寄稿していた。
バンジャルマシンに本社をおく「ボルネオ新聞」
は当時どこにあったのか。
ちなみに、現在のバンジャルマシンの中心部には
「バンジャルマシン・ポスト」という地元の大きな新聞社がある。
ここにあったのではないか、という情報があったので、
さっそく「バンジャルマシン・ポスト」へ。
banposutatemono.jpg
さすがに当時のことを知る人は皆無に近い。
「バンジャルマシン・ポスト」の創刊は1971年なので
この場所とは関係ないと思うと教えてくださったのは、
記者のウミさん。
uun.jpg
ちなみにウミさんは女性についての記事や本を執筆中とのこと。
林芙美子が女であることに驚き、かつ私の東南アジア研究調査を
「アドベンチャー!」とびっくりしていた。
banposu.jpg
記者の方々におみやげをいただく。
社史(インドネシア語・・・)と
新聞社のマスコットのオラウータンぬいぐるみ。
ちなみに、当時、「ボルネオ新聞」勤務の方や、
芙美子もいたことがあるのではないかと思われる
「大和ホテル」はマルタプウラ川沿にあり、
今は公園となっているそうだ。

関連記事