Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY研究業績

国際シンポジウム「文学とマンガ」inジャカルタ

二日前から総勢七名でジャカルタに来ています。 国際シンポジウム「文学とマンガ」に出席するためです。 シンポジウムは二日にわたり行われ、 昨日はマンガを中心に、本日は文学(とくに林芙美子) を中心に発表がなされました。 私は…

『文学と定期刊行物におけるサハリンとクリル諸島 研究論文集成』(サハリン国立総合大学出版会 )

共著本です。私は「サハリンを描いた日本文学 宮沢賢治と林芙美子」 を書きました。 …

「図書館教育ニュース」1311号

昔、学校の図書館にこんなポスター、ありましたね。 自分がこういうものを監修するようになるなんて、うれしいです。 こういうものも書きました。↑ タイトルは、「「雨ニモマケズ」の思い」 …

「林芙美子は台湾をどのように描いたのか」淡江大学大学院(台湾)

本日から四日間、台湾に滞在します。 到着後すぐに台北にある淡江大学大学院へ。 李文茹先生のクラスにおいて「林芙美子は台湾をどのように描いたのか」を講義。 旅好きだった芙美子が最初に訪れた「海外」は台湾であり、台湾を描いた作品も …

最近の成果物

本日で本年度の業務が終了します。 年度内ぎりぎりで、続々とできあがった雑誌など、 最近の成果物を並べてみました。 株式会社アイ・イーシー発行、ビジネスマン向け通信教育用の テキスト本『人間・宮沢賢治とその文学を学ぶ』豪華三冊セットで…

芸術学部紀要57号

「林芙美子の南方従軍についての現地調査報告3  「スマトラ―西風の島ー」「荒野の虹」「郷愁」に描かれるスマトラ」 を書きました。…

「林芙美子はスマトラをどのように描いたのか」インドネシア大学大学院

インドネシア大学大学院地域研究科、歴史研究科主催のセミナー 「戦争と文学」が、国際交流基金ジャカルタにて開催されました。 私は、「林芙美子はスマトラをどのように描いたのか」を発表。 戦争がテーマということなので、日芸図書館が所蔵す…

藝文攷 18号

「宮沢賢治と林芙美子における、樺太(サハリン)」を書きました。…

「多様な視点からみる女と男セミナー」(所沢市男女共同参画センターふらっと)

所沢市男女共同参画センターふらっとにて 「多様な視点からみる女と男セミナー」講座が開催されています。 私は本日、「近現代女性文学から今を学ぶ~ 女流作家の文学と人生(林芙美子ほか)」という 内容でお話をしてきました。 ジェンダー云々という…

「江古田文学」81号 林芙美子生誕109年 

やっと、やっと、「江古田文学」81号 林芙美子生誕109年、 出来上がりました。 ご協力いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。 本日は、林福江さんのご自宅へ 雑誌をお渡しにうかがいました。 本当にいろいろお世話になりました…

公開講座「林芙美子・文学散歩のすすめ」

もっと早くここで紹介すれば良かったのですが、 こんなこともやっていました。 日本大学芸術学部所沢校舎公開講座 「林芙美子・文学散歩のすすめ」 全三回のシリーズで、 私は「林芙美子のアジア放浪」というテーマで お話しました。 今後はできるだ…

サハリン国立総合大学にてシンポジウム

サハリン国立総合大学にて行われている シンポジウムに参加しました。 シンポジウム自体は昨日から開催されています。 本日も怒涛のスケジュール、とのこと。 私は「サハリンを描いた日本近代文学~宮沢賢治と林芙美子の場合~」 というテーマで発表し…

収穫の秋

夏の初めに書いていた原稿が、 続々と、かたちになりました。 収穫の秋、ですね。 ・『清水正・ドストエフスキー論全集6『悪霊』の世界』 (2012年9月 D文学研究会)の栞にて 「重厚で濃密な批評世界―人間とはいったい 何なの…

アイルランガ大学で林芙美子の講義

本日はアイルランガ大学で講義をします。 ユニフォームは、アンディ先生のご家族にいただいた バティック! ここでも懲りずに林芙美子の話をしました。 もはや普及活動ですね。 林芙美子が書いた詩「スラバヤの蛍」 を朗読してもらったり、学生さ…

芸術学部紀要 55号

日本大学芸術学部紀要 55号 「林芙美子の南方従軍についての現地調査報告① インドネシア・トラワス村」を書きました。 …

シンポジウム二日目

シンポジウム二日目。 スケジュールは以下です。↓ Session III : Economy, Business and Cultural and Society   1st Speaker Dr. Tirta Mursitama; “Ja…

シンポジウム一日目

シンポジウム一日目。 内容はこんな感じです。 Registration 08.30 ? 09.00 Opening MC 09.00 ? 09.05 Speeches Welcome Remarks by University of In…

さらに記事を表示する