Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY林芙美子の研究

国際シンポジウム「『サハリン島』さらなる視点」(チェーホフ記念文学館・ロシアサハリン州文化省)

ロシア・サハリン州ユジノサハリンスクにて、国際シンポジウム 「『サハリン島』さらなる視点」(チェーホフ記念文学館・サハリン州文化省主催) が行われました。9月13日~20日まで、様々なイベントがある中で、 私は14日、15日の二日間に…

セミナー「パントゥンと林芙美子の文学 イスラム文化と日本近代文学」(国立イスラム教スルタンシャリフカシム大学)

9月7日から12日までインドネシアへ。 目的は国立イスラム教スルタンカシムリアウ大学にてのセミナー 「パントゥンと林芙美子の作品 イスラム文化と日本近代文学」に参加するためです。 私の発表は「第二次世界大戦中のイン…

国際シンポジウム「近現代アジア地域からみる文学と文化」(主催:科学研究費助成事業基盤研究C「林芙美子文学から見る近現代アジア諸国の研究」)二日目

シンポジウム二日目は研究大会「近現代アジアからみる文学と文化」 です。私はモデレーター。国内国外から、素晴らしいゲストの方々に 来ていただきました。ありがとうございます。 手伝ってくれたゼミの学生は四月からこの準備にあけくれていました…

国際シンポジウム「近現代アジア地域からみる文学と文化」(主催:科学研究費助成事業基盤研究C「林芙美子文学から見る近現代アジア諸国の研究」)一日目

国際シンポジウム「近現代アジア地域からみる文学と文化」。 一日目は、プレワークショップとして長野県塵表閣本店 資料館円実にて行いました。 私は「塵表閣と文人たち 林芙美子とその周辺」 を発表しました。 …

日本言語政策学会17回大会

「 林芙美子が見た日本占領下インドネシアにおける言語政策」 を研究発表しました。 …

アチェと林芙美子

そもそもなぜ今私はアチェにいるかというと、 林芙美子のスマトラ縦断の最終地がアチェであったからです。 しかし、南方従軍時の手帳の 昭和18年4月18日の欄に 「アチェ」という記述があるだけで あとは謎のまま。 中国人作家・郁達夫…

サバンにて

本日はバンダ・アチェの港から船に乗り、 サバン島へ。 インドネシアの最も北かつ西にある島です。 もちろん、旧日本軍の跡が多く残っている土地です。 バンカー(地下壕)やベンテン(要塞)。 感ずるものがありました。 それにしても、アチェ…

バンダ・アチェ、シャクラー大学

昨日からバンダ・アチェに来ています。 こちらはシャクラー大学。 ファリド先生に大変お世話になりました。 図書館にて。 …

二度目のダルマプルサダ大学

昨日からジャカルタに来ています。 本日は、日本ーインドネシアの友好関係により つくられた伝統校 ダルマプルサダ大学へ。 二度目の訪問です。 先生方と、研究のこと、大学のこと、 もろもろものすごくおしゃべりしてしまいま…

芸術学部紀要61号

「林芙美子と北海道~観光学の視点で「田園日記」「帯広まで」「七つの燈」 「月寒」を読む」を書きました。 …

藝文攷20号

「文学と観光学 林芙美子の場合」 を書きました。 …

「Riau Pos」(2014年9月12日)に林芙美子の紹介記事

セミナーの紹介に引き続き、「Riau Pos」さんが林芙美子の紹介記事を 掲載してくれました。林芙美子という魅力的な作家について、 彼女が戦時中にインドネシアに滞在したこと、などなど、スマトラの多くの 方に知っていただきたいで…

「Tribun Pekanbaru」(2014年9月9月)のセミナー紹介記事

「Tribun Pekanbaru」(2014年9月9月)にセミナーの紹介記事が掲載されました。…

「Riau Pos 」(2014年9月9日)のセミナー紹介記事

「Riau Pos 」(2014年9月9日)にセミナー「イスラムとマレーの文明」 についての紹介記事が掲載されました。…

「イスラムとマレーの文明」論集

セミナーの論文集「イスラムとマレーの文明」(2014年9月  国立イスラム教スルタンシャリフカシムリアウ大学発行) です。 私は'The Asian Poetry that influenced Fumiko Haya…

国際セミナー「イスラムとマレーの文明」

スマトラ、リアウ州のプカンバルに移動し、 国立イスラム教大学スルタンシャリフカジムリアウ大学主催の 国際セミナー「イスラムとマレーの文明」に参加しました。 私が発表したのは「林芙美子が影響を受けたアジアの詩」。 インドネ…

トラワスでの成果

ここ、トラワスで、2011年から始めた調査を振り返ると、 ジョンさんとトゥリさんには感謝してもし足りないくらい お世話になりました。 ペナングワン山が見えるこの場所は、林芙美子研究室と化していました。 周囲がどんどん開発…

トラワス第一小学校にて

林芙美子も訪れた、トラワス小学校。 集合写真!…

さらに記事を表示する