Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

CATEGORY研究業績

芸術学部紀要61号

「林芙美子と北海道~観光学の視点で「田園日記」「帯広まで」「七つの燈」 「月寒」を読む」を書きました。 …

藝文攷20号

「文学と観光学 林芙美子の場合」 を書きました。 …

『創刊50周年記念「ガロ」という時代』(青林堂)

出来上がりました! 私が執筆したのは 「【ますむらひろし】幻想感覚、不思議な体感、そして悲しみ」 「【近藤ようこ】「いつか」の時空をリアルに生きる」 「【杉浦日向子】江戸の無名の人々の群れ」 「【内田春菊】繁殖力のある作家」 …

「Riau Pos」(2014年9月12日)に林芙美子の紹介記事

セミナーの紹介に引き続き、「Riau Pos」さんが林芙美子の紹介記事を 掲載してくれました。林芙美子という魅力的な作家について、 彼女が戦時中にインドネシアに滞在したこと、などなど、スマトラの多くの 方に知っていただきたいで…

「Tribun Pekanbaru」(2014年9月9月)のセミナー紹介記事

「Tribun Pekanbaru」(2014年9月9月)にセミナーの紹介記事が掲載されました。…

「Riau Pos 」(2014年9月9日)のセミナー紹介記事

「Riau Pos 」(2014年9月9日)にセミナー「イスラムとマレーの文明」 についての紹介記事が掲載されました。…

「イスラムとマレーの文明」論集

セミナーの論文集「イスラムとマレーの文明」(2014年9月  国立イスラム教スルタンシャリフカシムリアウ大学発行) です。 私は'The Asian Poetry that influenced Fumiko Haya…

国際セミナー「イスラムとマレーの文明」

スマトラ、リアウ州のプカンバルに移動し、 国立イスラム教大学スルタンシャリフカジムリアウ大学主催の 国際セミナー「イスラムとマレーの文明」に参加しました。 私が発表したのは「林芙美子が影響を受けたアジアの詩」。 インドネ…

タイ国日本研究国際シンポジウム2014

バンコクのチュラーロンコーン大学主催、 「タイ国日本研究国際シンポジウム2014」に出席しました。 私は「林芙美子と東南アジア 従軍体験から得たもの」を発表。 その後、懇親会。 いろいろな方に出会い、刺激…

「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)にて

TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の サンデーマナブくんコーナーにて宮沢賢治が取り上げられました。 私も解説として出演させていただきました。 (番組ブログより) すごーく面白かったです!…

江古田文学86号(平成26年7月)

連載「塵表閣と文人たち~林芙美子とその周辺~(4) 塵表閣展示館「円実」リニューアルプロジェクト」 が掲載されています。 …

『清水正・ドストエフスキー論全集7 「オイディプス王」と「罪と罰」』栞

。 またまた清水先生の全集の栞を書かせていただきました。 「「時空を超えた鼎談―清水正・ソポクレス・ドストエフスキー―」 というタイトルです。 それにしても七巻とは・・・すごいですね…

塵表閣展示館「円実」リニューアルプロジェクト

明治時代から名だたる軍人、政治家、画家、文人たちが集った 上林温泉の塵表閣。ここの展示館「円実」リニューアルプロジェクトが 現在進行しています。 夏目漱石や川端康成や与謝野晶子、壺井栄や林芙美子の資料も豊富で、 二日にわたって調査・…

江古田文学 85号

「塵表閣と文人たち ~林芙美子とその周辺~(3)」を書きました。…

「藝文攷」「キリツボ」19号

大学院の論文集「藝文攷」と 創作・評論集「キリツボ」が出来上がりました。 ともに19号です。そしてともに編集をやってます。 「藝文攷」には「林芙美子のサハリン紀行1 『樺太への旅』に描かれるもの」を書きました。 夏のサハリ…

サハリンから嬉しいお知らせ

サハリンのエレナ先生からうれしいお知らせを頂きました。 「Sovetskii Sakhalin」 に「世界の中の林芙美子」の紹介を書いてくださった そうです。 ロシア語でほとんど読めませんが、伝わるものがあります。 ありがとう…

「巨匠たちの輝き アンデルセンと宮沢賢治」(BS-TBS)

毎週水曜日22時から放映されている 「巨匠たちの輝き」(BS-TBS)、今回の特集は アンデルセンと宮沢賢治でした。 解説コメントをしているところです。…

江古田文学 84号

「塵表閣と文人たち~林芙美子とその周辺~(2)」を書きました。 …

「塵表閣と文人たち 林芙美子とその周辺」(「江古田文学」連載)取材

現在、「江古田文学」に「塵表閣と文人たち 林芙美子とその周辺」を連載しています。 この取材のために、直江津から信越線で雪山を越え、 長野へ。塵表閣にやってきました! 美知子女将に取材。 以前撮影し…

『世界の中の林芙美子[林芙美子生誕百十周年記念]』刊行

日本大学芸術学部図書館発行の 『世界の中の林芙美子[林芙美子生誕百十周年記念]』が完成しました。 私も研究メンバーのうちの一人として執筆しています。 タイトルの通り、本書は林芙美子を世界に解き放つということで、 各国の研…

さらに記事を表示する