Соколова Kiyomi Yamashita

menu

山下聖美 文芸研究室

LATEST ENTRIES

芸術学部紀要61号

「林芙美子と北海道~観光学の視点で「田園日記」「帯広まで」「七つの燈」 「月寒」を読む」を書きました。 …

藝文攷20号

「文学と観光学 林芙美子の場合」 を書きました。 …

国立イスラム教大学スルタンシャリフカシムリアウ大学の先生方を招聘

後期の一大イベントは、インドネシア、スマトラのリアウにある 国立イスラム教大学スルタンシャリフカシムリアウ大学の先生方5人の招聘、ということに尽きます。 ゼミ3の学生を中心に、前期からムスリムの方のお迎え準備勉強を重ね、 三週間の滞在…

『創刊50周年記念「ガロ」という時代』(青林堂)

出来上がりました! 私が執筆したのは 「【ますむらひろし】幻想感覚、不思議な体感、そして悲しみ」 「【近藤ようこ】「いつか」の時空をリアルに生きる」 「【杉浦日向子】江戸の無名の人々の群れ」 「【内田春菊】繁殖力のある作家」 …

「Riau Pos」(2014年9月12日)に林芙美子の紹介記事

セミナーの紹介に引き続き、「Riau Pos」さんが林芙美子の紹介記事を 掲載してくれました。林芙美子という魅力的な作家について、 彼女が戦時中にインドネシアに滞在したこと、などなど、スマトラの多くの 方に知っていただきたいで…

ダルマプルサダ大学を訪問

ジャカルタに戻り、ダルマプルサダ大学を訪問、見学させていただきました。 ダルマプルサダ大学はインドネシア元日本留学生協会が設立した私立大学です。 ですから、日本との縁が大変深く、日本語教育機関としてもとても優秀な大学であるのです! 学…

「Tribun Pekanbaru」(2014年9月9月)のセミナー紹介記事

「Tribun Pekanbaru」(2014年9月9月)にセミナーの紹介記事が掲載されました。…

「Riau Pos 」(2014年9月9日)のセミナー紹介記事

「Riau Pos 」(2014年9月9日)にセミナー「イスラムとマレーの文明」 についての紹介記事が掲載されました。…

「イスラムとマレーの文明」論集

セミナーの論文集「イスラムとマレーの文明」(2014年9月  国立イスラム教スルタンシャリフカシムリアウ大学発行) です。 私は'The Asian Poetry that influenced Fumiko Haya…

国際セミナー「イスラムとマレーの文明」

スマトラ、リアウ州のプカンバルに移動し、 国立イスラム教大学スルタンシャリフカジムリアウ大学主催の 国際セミナー「イスラムとマレーの文明」に参加しました。 私が発表したのは「林芙美子が影響を受けたアジアの詩」。 インドネ…

トラワスでの成果

ここ、トラワスで、2011年から始めた調査を振り返ると、 ジョンさんとトゥリさんには感謝してもし足りないくらい お世話になりました。 ペナングワン山が見えるこの場所は、林芙美子研究室と化していました。 周囲がどんどん開発…

トラワス第一小学校にて

林芙美子も訪れた、トラワス小学校。 集合写真!…

林芙美子が滞在したスプノウ村長宅跡

林芙美子が滞在したトラワス村村長・スプノウ氏の官舎跡調査に 多大な貢献をしていただいたサルプさんのご自宅へ再びお邪魔しました。 この後が林芙美子が滞在していた場所跡です。 今は、マンゴ、ドラゴンフルーツ、アボガト、 唐辛子、バナ…

トラワスで再々調査

9月に入り、インドネシアに出発しました。 いくつかの目的を抱えてきましが、まずはトラワスにて 林芙美子のトラワス訪問についての再々調査を行っています。 今回で三度目。いつものメンバーに協力してもらうのと 同時に、新たなるインタビュー…

チュラーンロンコーン大学

シンポジウムも終わり、本日は学生のベルちゃんに チュラーロンコーン大学の案内をしていただきました。 これは学生街のレストラン。安い! おいしい!! 繁華街のすぐそばにもかかわらず広大な敷地! 移動はこうしてバスにのり…

タイ国日本研究国際シンポジウム2014

バンコクのチュラーロンコーン大学主催、 「タイ国日本研究国際シンポジウム2014」に出席しました。 私は「林芙美子と東南アジア 従軍体験から得たもの」を発表。 その後、懇親会。 いろいろな方に出会い、刺激…

「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)にて

TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」の サンデーマナブくんコーナーにて宮沢賢治が取り上げられました。 私も解説として出演させていただきました。 (番組ブログより) すごーく面白かったです!…

林芙美子と北海道

昭和九、林芙美子は北海道と樺太をめぐる 旅に出ています。 北海道の各地に滞在し、様々な作品を残しましたが 今回は当時の新聞記事を収集する調査のため まずは北海道立図書館へ。 居心地がよく素敵な場所で北海道関係の新聞も豊…

林芙美子「樺太への旅」のはじまりは稚内

「樺太への旅」は稚内の描写からはじまります。  昭和九年、列車で北海道を北上し、稚内に到着した  当時の列車の駅の様子を詳しく記していきます。  現在の稚内駅↑  ここから少し歩いたところにある船着き場から、林芙美子…

ミネソタ大学ドゥルース校

ニューヨークを満喫したのち、 今度は地方に向かいます。 ミネアポリスから飛行機で一時間ほどの町、 ドゥルースへ。 スペリオル湖のそばにあるのんびりした素敵な避暑地ですが、 よく晴れて、ニューヨークよりも暑かった気がします。…

さらに記事を表示する

山下聖美の著作